GO EXPLORING!

GO EXPLORING!

Vol.02
CANOE TOURING
~ カヌーツーリング ~

これぞ、 リアルジャングルクルーズ。

今回の旅で、 2人には何としても訪れたい場所があった。 それが奄美大島南部の住用町周辺に 広がるマングローブ原生林である。
国道58号を南へ進み、小高い丘に差し掛かると、 前方に広がる雄大な マングローブが目に飛び込んできた。
「すごい……!」。 自転車を漕ぎながらも、
思わず見入ってしまいそうになった。 自転車を漕ぐペースも自然と速くなる。
きっとあそこには、 上から見ただけではわからない 未体験の地が広がるはずだ。

CANOE TOURING Photograph

っかくのバイクパッキングトリップだ、愛車と荷物もすべてカヌーに積み込んでしまおう。自転車を載せてのライドスタイルというのもフォトジェニックだし(笑)、こんな体験はここでしかできない。好機逃すべからずと、早速カヌーに自転車をくくりつけてみる。重心が中央に置かれるよう微調整し、準備が整ったら、いざリアルジャングルクルーズへ。

CANOE TOURING Photograph

ングローブとは、海水と真水が混じり合う汽水域に生息する植物群のことをいう。住用湾のマングローブ原生林は、役勝川・住用川の2大河川が合流する広大な干潟地帯に広がり、その規模は国内2位だそう。空にはやや厚い雲が広がるが、まだ雨の気配はない。昨夜の段階では雨予報だったことを考えると嬉しい誤算だ。南国らしい快晴ではないものの、シーアクティビティを楽しむにはとても心地よい天候だ。

CANOE TOURING Photograph

は言ったものの、梅雨時期の奄美では高確率で天気予報が外れるらしく、あまりあてにならないとか……。今は何とか天気ももってくれているが、雨の憂いは消えていない。ロケーションメモリー機能でカヌーの軌跡を確認すると、思いの外、遠くまで来ている。そろそろ切り上げどきだ。雨が降る前に、次の目的地へと向かおう。

も、記念写真は忘れずにパシャり。次を急ぎながらも、その辺は抜け目ありません。

PHOTOGRAPH

PROTREK Smart  WSD-F20の使える機能! 

自分の行動軌跡を 記録&ひと目で確認できる。

WSD-F20-BKLOCATION MEMORY

LOCATION MEMORY IconLOCATION MEMORY
ロケーションメモリー

GPSと連動し、現在地をカラーマップに表示するアプリ。
現在地と一緒に、カヌーでの移動経路やトレッキングでの登山ルートなど、
自分の行動軌跡も確認することができる。
軌跡は履歴として残るので、たとえば旅行中どんなふうに移動していたかなど、後から見返してもおもしろい。
また、あらかじめ時計に地図をダウンロードしておけば、
スマホの電波が入らない山奥などはもちろん、
スマホが手元にない場合でも、ガイドとして利用することが可能。

  • * iOS接続時には使える機能が制限されます。
  • LOCATION MEMORY 1

    今回のカヌーツーリングの軌跡。 思ったよりも 長距離を漕いでいた。 なんともいえない達成感である。


WSD-F20-BKGo雨!探知機

Go雨!探知機 IconGo雨!探知機

アウトドア中の突然の雨は油断大敵。
『Go雨!探知機』があれば、現在地周辺の雨雲の動きがわかり、
一時避難の準備や雨具を着るタイミングを逃しません。
雨がふりやむタイミングや落雷の情報もわかり、適切な判断・行動をサポート。

  • Go雨!探知機 1

    雨雲が接近すると 振動と通知カードで お知らせがくる。

  • Go雨!探知機 2

    通知された画面をタップすると、 周囲の雨雲の
    方角や雨の強さを ビジュアルで表示。

  • * 画面はイメージです。