仕事も遊びも 楽しむ人のための
タフなウェアラブルギア、 カシオの
New「PRO TREK Smart」 を使い倒す!


普段使いに加えて、
雪山も夏フェスも この一本で十分

2016年に発売されたカシオ初のスマートウオッチ「WSDーF10」は、カシオのあらゆる部門から精鋭が集って作り上げたモデルだった。そのため、モジュールの開発はもちろんプロトレックやGーSHOCKといったブランドを横断した時計製造技術のノウハウがこれでもかと凝縮されていた。その一例が、2層ディスプレイ、各種センサー、MIL規格準拠のタフ性能、操作系統を守りながら質感にもこだわった外装、約1か月駆動の「タイムピースモード」である。

翌年にはGPSとオフラインマップを機能追加した第2世代(WSD-F20)へ移行。こうした歴代モデルのスペックを保持しながら完成した最新の第3世代(WSD-F30)は、これまでのモデルのサイズが気になっていた方も納得のダウンサイジングを実現した。カラー液晶は多くの情報を精細に表示する有機ELとなり、地図と連動するオリジナルアプリも進化。デバイス単体でもより幅広い活動記録が可能となった。

実際に1週間使用した筆者も、通知の確認や目的地までの道のりなど、いつもならスマートフォンを使う作業の多くを本機だけで済ますことができ、大いに助かった。しかも、タウンユースだけでなく、水辺や岩山など、時計を壊しやすい場所でも気にせず使えるのがPRO TREK Smartの最も良いところ。これなら普段使いはもちろん、雪山から夏フェスまで、どこにでも着けていけるだろう。

PRO TREK Smart
WSD-F30-BU

¥61,000+税

従来機より横3.9㎜、厚さ0.4㎜もサイズダウンした第3世代。最大3日間のアクティビティでもオフライン地図の利用やGPSによる位置情報記録が可能に。二層ディスプレイの視認性と情報量も改良されている。

SPEC
OS:Wear OS by Google、ディスプレイ:1.2インチ 2層ディスプレイ、防水性:5気圧、サイズ/質量:約W53.8×H60.5×D14.9㎜/約83g

充電は引き続き、USB対応のマグネット圧着式端子を採用。常温ならば約3時間で満充電になる

ACTIVITYやMOMENT SETTERなど、5つの独自アプリを搭載。単独でも活用の幅は広い

クロスバンドに 付け替えれば ウインタースポーツ にも最適

完全防寒したウインタースポーツ時でも、別売のクロスバンド(¥5,000+税)を使えばウエアの上から装着可能。5気圧防水でMIL STANDARDに準拠し、タフなニーズに応える。

WSD-F30-RG

¥61,000+税

WSD-F30-BK

¥61,000+税


腕時計に本気の カシオが作ると
スマートウオッチは ここまで使いやすい!

カシオは、プロトレックのほかにも世界に誇れる耐衝撃構造のG-SHOCKや、エレガントな先進ウオッチのオシアナスと様々なブランドを展開している。それらで培ってきた技術を結集して作れられた本機には、性能だけではない見どころが満載!

小型化で 快適な装着感

樹脂製ながら、高い質感を実現したシャープなケースは、小型化により装着感がさらに向上。操作性の高い大型ボタンなど、操作性も十分に配慮されている。

大切な情報を 守る耐久性

5気圧防水に加え、米国国防総省が制定する耐久試験MIL-STD-810Gに準拠。「落下」「振動」「温度」「圧力」「温度」など、様々な条件、環境に耐える。

視認性に 優れた有機EL

WSD-F30の二層ディスプレイは、カラー画面に有機ELを採用。Googleマップや各種情報を精細に表示する。2時側のボタンで、地図を即起動できるのも便利だ。

最長約1か月の 長期駆動

「マルチタイムピースモード」は、モノクロ液晶のみで最長約1か月も駆動する。消費電力を大幅に抑えながら、時刻と方位・気圧・高度の情報は常に表示される。


ということで… 実際にハワイで 使ってきました!

スマートウオッチが現代生活に便利なのは周知の事実。では、PRO TREK Smartならではの利便性がどこにあるのだろうか。それを知るには、実際に使うのが一番早い。そこで、発売前の本機を借り、12月に筆者が旅行したハワイでテストを行ってきた。

筆者はiPhone Xユーザーだが、渡航前に行ったスマホアプリのWear OSとの接続、各種設定はスムーズに完了。滞在中は、場所も服装も選ばず使える本機のおかげで、とても有意義な時間が過ごせた。

Day 1
着いたその足で ビーチに直行!

午前中にハワイに到着すると、スマホに接続したPRO TREK Smartが現地時刻に自動修正。独自のウオッチフェイス「フロンティア」の地図の中心もハワイになった。ホテルに荷物を預けたら、そのままビーチへ。5気圧防水だから子どもとの水遊びも安心!

Day 2
初めての山でも ゴールが明確

ダイヤモンドヘッド山頂からの日の出を拝みに、朝5時から活動を開始する。あらかじめ設定した「アクティビティ」アプリの「トレッキング」と地図機能により、ゴールまでの距離は一目瞭然。夜明け前の暗闇で岩にぶつけてしまったが、特に不具合はなし。

Day 3
絶好のチャンスを 生かす情報満載

3日目は「ジュラシック・パーク」などのロケ地などで有名なクアロアランチへ。広大な大自然を巡るツアーでは、高度や方位を調べながら自分好みの撮影ポイントを地図上にメモした。日の入り時刻を参考にホテルへ戻り、部屋でのんびりサンセットを鑑賞。

Day 4
Wear OSだから 普段使いも◎

最終日は、PRO TREK Smartの地図機能を頼りに、googleカレンダーからフライト時刻の通知が届くまでワイキキの街を散策。ここまでの全行程を一緒に過ごしたが、ストレスなく着用し続けることができ、フル活用しても1日で充電が切れることもなかった。


  • * Google、Google Play、およびその他のマークは、Google LLCの商標です。
  • * その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
  • * 表示価格は、メーカー希望小売価格です。
  • * iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。