PRO TREK Smart
WSD-F20は、
キャンプシーンでも
役立つのか?

GO OUT でおなじみの アクタガワ氏がキャンプで実着。

時代は確実にハイテク化がすすみ、あらゆるデバイスに電子頭脳、すなわちコンピュータが搭載されるようになってきた。スマートフォンの次はスマートウオッチ。超小型のCPUを搭載し、スマートフォンとの連携で様々な情報処理を行ってくれるスマートウオッチは、アウトドアでも強い味方になってくれる。

カシオのPRO TREKシリーズでラインナップされるWSD-F20もまた、PRO TREK Smartという名で展開されるアウトドア向けのスマートウオッチである。OSにはWear OS by Googleを採用し、Android™ 4.4以上(Go エディションを除く)搭載のスマートフォンや、iOS9以上搭載のiPhoneと連携することができる。

スマートフォンを携帯していなくても着信を手元で知らせてくれる。テントの設営中や運転中、あるいは車でスマートフォンを充電している時などにも非常に便利。

コンパスを内蔵しているので日の昇る方向などもすぐにわかる。アプリをインストールすれば雨が降りそうな時に通知してくれる、なんて機能も追加できてしまうのだ。


使い込むほどに、 自分だけの一本に。

“ウオッチ”という名前が付いているとはいえ、これは腕に付けられる小型のコンピュータにほかならない。

従来のアウトドアウオッチが備えていた機能、すなわち時刻表示やアラームに加え、コンパスや高度計、気圧計といった機能はもちろん完備しているが、さらにスマートフォンの通信機能やアプリを利用することにより、電話やメール、カレンダーを補助するインターフェイスとして利用できたり、Google マップを利用して地図を表示し自分の居場所を音声とともにメモリーするといったこともできる。

もちろんGPSも搭載しているので、ナビとしても使えるのだ。さらに様々なアプリをインストールしてカスタマイズすることができるので、スマートフォンと同様、使い込むほどに自分だけの一本となっていくことだろう。

音声認識機能を備えているので、声で機能を操作するほか、音声でメモを残すなどボイスレコーダーとして使うことももできる。


アウトドアに 特化したタフ性能。

僕自身、従来からほかのメーカーのスマートウオッチを使用してきたが、それをアウトドアで使うには色々と不満があった。しかしそこはさすがPRO TREK、見事なまでにアウトドア向けの仕様を備えている。まず最初に挙げられるのが、5気圧相当の防水機能を備えていること。

このスペックだと水の中で泳ぐような時には心もとないが、雨に打たれたりする分にはまったく心配ないだろう。そして耐衝撃性や使用可能温度については、MILスペックをクリアするほどの性能を備えているのだとか。つまりアウトドアで重要になるタフさについてもお墨付きである。

「LOCATION MEMORY」アプリを起動すれば地図や航空写真を表示し、自分の居場所を確認するとともに位置を記録でき、さらに声でメモを追加することもできるのだ。

類まれなユーザビリティと ファッション性。

また文字盤の液晶パネルは2層構造になっており、カラー液晶をオフにして従来型のモノクロ時計表示にすることもできるので、大幅な節電が可能(カラー液晶のON、OFFなどは自在に設定できる)。

使用時間が長引きバッテリーがドロップした場合でも、モノクロ液晶だけは表示されるので、最低限の時計としての機能は保たれるのだが、これには本当に感心してしまった。バッテリー終了と同時に何も表示されなくなるスマートウオッチとは、比べものにならないくらいの安心感があると言えるだろう。

大きめのフェイスは存在感抜群。暗い場所などでの視認性も良く、コーディネイトのアクセントとしても一役買ってくれるだろう。


PRO TREK Smart WSD-F20 GO OUT CAMP in 猪苗代


Report & Text/Takatoshi Akutagawa  Photo/Fumihiko Ikemoto


  • * Android、Wear OS by Google、Google、Google Play、およびその他のマークは、Google LLCの商標です。
  • * 「iPhone」は、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
  • * その他、本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。